動画で見る

ヘンダーソン・ウェーブ・ブリッジ(Henderson wave bridge)

ヘンダーソン・ウェーブ・ブリッジ(Henderson wave bridge)は2008年に建築された特徴的なアーチ形状と木材を敷き詰めたシンガポールの観光名所です

ヘンダーソン・ウェーブ・ブリッジ
骨組みは鋼材でつくられ、床は木材が張られて綺麗なアーチ状が形成されています。

この橋は地上36メートル、全長276メートルもありシンガポールで最も高い橋です。

高さあり、眺望あり

ヘンダーソン・ウェーブ・ブリッジ

ヘンダーソン・ウェーブ・ブリッジの欄干から下を覗いてみると、地上36メートルと言われていますが、それ以上に高い気がします。鋼材で骨組みが作られているといわれても、上はちょっと時間が経っていそうな木材で、木と木の間から下が見える隙間があるので高所恐怖症の人は結構こわいかもしれません。

場所

ケーブルカーマウントファーバーラインのマウントファーバー駅から徒歩約20分