動画で見る

ルイスターバンCIPラウンジ (Louis’ Tavern CIP Lounge)

ルイスターバンCIPラウンジはスワンナプーム国際空港の保安検査通過後、コンコースGにある24時間営業しているラウンジです。

このラウンジに入るには2時間1000バーツまたはOneWorldのステイタス、クラス(ビジネスクラス / ファーストクラス / サファイア ステータス / エメラルド ステータス)が必要です。3階(Level3)と4階(Level4)にまたがった2階建てのラウンジになっていて、おそらく4階の入り口はファーストクラスの入り口です。

ラウンジの部屋は横に長く、席数も多く、軽食、お酒やドリンクのコーナー、雑誌、PCコーナー、シャワールームと充実していました。食事には辛さ控えめのタイカレーやサンドウィッチ、フルーツなどもありました。またビールもタイのChangやSINGHAもあり、搭乗時刻までにおなか一杯になってしますそうでした。

シャワールーム利用時の注意

このCIPラウンジにはシャワールームがありますが、1フロアに2つなので夕方以降の搭乗だと、非常に混んでいるため待つことになります。シャワーを利用する際には時間に余裕をもって行ったほうがいいです。シャワールームはシャワーと洗面台だけのシンプルなつくりですが、綺麗に清掃されていました。アメニティーも充実していてボディローションも用意されています。

場所

スワンナプーム国際空港の保安検査通過後、コンコースG、Level3にあります。

ラウンジ内にエスカレーターがあり、上の階と行き来することができます。