サルタン・モスクとは?

サルタン・モスク

サルタン・モスクは1824年に建立されたシンガポールで最も古いイスラム教寺院です。金色のドーム型をした絵に描いたアラブの王宮のような形が特徴のモスクです。このモスクには最大5000人を収容できる礼拝所があります。毎日決められた時間内であればイスラム教とは無縁の一般の方でも見学ができます。

見学できる時間

サルタン・モスクの見学時間

モスクを見学できる時間は

金曜日以外は10時~12時と14時~16時の間です。

金曜日の場合は14:30~16:00の間です。

この間しか見学できないので、見学を予定している人は注意しましょう。

モスクでの服装

サルタン・モスクのガウン貸出
ローブを貸してくれている

サルタン・モスクでは土足厳禁なので入口で靴を脱ぎます。モスクの中に入るには男性はハーフパンツやタンクトップなどの露出の高い恰好、女性は素肌が見えている格好が基本的にダメですが、サルタン・モスクではそんな観光客のために入口でローブを貸してくれます。

場所・行き方

MRTブギス(Bugis)駅が最寄りです